HOME > 政策

政策

経世済民こそ政治の使命

国民を戦争、災害、貧困、疾病、その他あらゆる危機から守る。
これが経済という言葉の本になった経世済民の本来の意味です。
日本国民が抱えるあらゆる危機から国民を守るため、
三期目を目指して頑張ります!

戦争の危機から国民を守る

国防、安全保障は国の根幹です。最大のリスクは北朝鮮の核武装。北朝鮮が核放棄をするまで米中韓露と共に監視と圧力が必要。朝鮮半島の安定化のためには日本の支援が必要です。そのためにも拉致問題の解決が不可欠です。
自衛隊が国民を守るため、防衛費の充実と法体制の整備を図ります。そのためには憲法論議の充実が必要です。憲法論議の本質は、日本人の歴史観を取り戻すことです。そのためには、先の大戦とその後の占領時代、また冷戦と冷戦後の世界の変動について、国民的な議論をすることが必要です。

貧困から国民を守る

デフレは国民貧困化の根本的原因。デフレ脱却には政府が新幹線ネットワークなどの将来ビジョンを示し財政出動する必要があります。それに伴い民間投資は必ず増え、デフレから脱却できます。地方の活性化のためには、東京一極集中の是正と、地方交付税の増額が必須です。企業の内部留保課税などを財源にして子ども手当を恒久化し、安心して子どもを生み育てられる環境を作り、少子化に歯止めをかけます。

災害から国民を守る

日本は世界有数の災害大国です。新たな防災対策と既存のインフラの更新と充実は喫緊の課題です。エネルギー供給の安定化のためには原発再稼働は不可欠です。そのために万全の安全対策を実施して国民の理解を求めます。全国を新幹線と高速道路で繋ぎ、地域活性化と防災と減災を図ります。

国民の健康を守る

世界一の長寿国を築いた国民皆保険体制を堅持。社会保障の給付と負担のアンバランスを是正し、将来も安心できる社会保障制度を作ります。人生100年時代は、健康でなければ意味がありません。AIを活用した健康管理システムの導入や口腔衛生の向上など、大病にならない仕組みを確立します。誰もが納得できる人生の終末の迎え方について、国民的議論を行います。

【西田昌司の実績と活動】

与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム「北陸新幹線『敦賀・大阪間』整備検討委員会」委員長として小浜−京都−新大阪ルートを決定いたしました。

特に京都−新大阪間については、京都府南部の松井山手駅に接続する新駅を設けることにより、人口増加が進む京都府南部地域の利便性を高めることができます。

また、山陰新幹線をはじめとする全国の新幹線ネットワークについても、今後も予算確保なども実現に向け取り組んで参ります。

長期にわたるデフレは、プライマリーバランスにこだわり、財政削減を進めた結果です。地方に活力を与えるためには、財政拡大をせねばなりません。
特に少子化対策のためには、法人税を増税し、それを『子ども手当』として給付し、子育て世代に対し恒久的に支援することを提案しています。